読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生活を終えてから迎えるのは職場での人生か、それともフリーランスでノマドライフか

人生

f:id:Shun_Yuki:20160908132222j:plain

こんにちは、石田祐希(@yuki1y1m)です。

 

ぼくは思うんです、大学卒業してから迎えるのは会社での働き方だけじゃないって。

 

何かレールの上を走ってるようだけど、本当はそうじゃないって。

 

ぼくらは社会に出てからどう働くかは自分で決めなきゃいけないんです。

 

周りに惑わされず。

 

自分の意思で、たくさんの選択肢の中から。

 

 

フリーランスという選択肢を知らなかった

 

ぼくは今までは、大学を4年間過ごしたら就職してどこかの企業で働くのが当たり前でそれ以外の選択肢はないと思っていました。

 

そうじゃなければ、アルバイトでお金を稼いで何とか生活するか、

 

親からお金をもらい家で引きこもって過ごすくらいしか思いつきもしなかった。

 

でも、それだけじゃなかった。

 

フリーランスという企業に就職せずに仕事をもらってお金を稼ぐという働き方もあるんだということを知りました。

 

フリーランスという働き方を知ってはいたけれど、別世界のことで自分には全く関係のないことだという認識でした。

 

本当はそうじゃなくて、働き方はいろんな形がある。

そして、その選択肢の中から自分で働き方を決めないといけないということ。

 

 

本当に自分の意思で働き方を決めてる?

 

周りが就職するから就職。

 

そんなのは全く自分の意思じゃない。

 

本当に就職したい会社があって、

そこで一緒に働きたいと思う人がいるならその会社に入るならそれは自分の意思だと思う。

 

だけど、「何となく優しそうな会社だし、そこでの仕事ちょっとやってみたい」

 

みたいな考えで就職するのは、危ないし、ただ流されているだけ。

 

 

働き方は自分で決める時代

 

 自分のやりたいことがあって、

 

それをするためには会社に入ることが一番いいなら就職すればいいし、そうじゃないなら別に入る必要もない。

 

と、ぼくはこういう意見をいろんな働き方を知ることでもつようになりました。

 

確かに会社に入れば学ぶことはたくさんあるのも事実。

 

ただ周りに流されて就職するってことだけはやめてほしいと思う。

 

以上。今日はこんな話でした。